古語:

形の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かた 【形・型・象】

名詞

(物の)姿。形。


出典万葉集 三八二〇


「夕づく日さすや川辺に作る屋のかたをよろしみ」


[訳] 夕日がさしている川辺に建てている家の形がよいので。


絵。


出典枕草子 清涼殿の丑寅のすみの


「北の隔てなる御障子(みさうじ)は、荒海のかた」


[訳] 北の仕切りであるついたて障子には、荒海の絵。


跡。跡形。


出典更級日記 富士川


「八橋(やつはし)は名のみして、橋のかたなくて」


[訳] 八橋は名前だけが残っていて、橋の跡形もなくて。


形式。慣例。


出典源氏物語 末摘花


「えかたのやうにもつづけ給(たま)はねば」


[訳] 形式どおりにも(文章を)お続けになることもできないので。


占いの結果。


出典万葉集 三四八八


「真柴(ましば)にも告(の)らぬ妹(いも)が名かたに出(い)でむかも」


[訳] めったに口に出さない妻の名が占いの結果に出てしまうのかなあ。



かたち 【形・容・貌】

名詞

(物の)形。外形。形態。


出典枕草子 草の花は


「夕顔は花のかたちも朝顔に似て」


[訳] 夕顔は、花の形も朝顔に似ていて。


容貌(ようぼう)。顔立ち。顔つき。


出典竹取物語 かぐや姫の生ひ立ち


「この児(ちご)のかたちけうらなること世になく」


[訳] この子(=かぐや姫)の容貌の清らかで美しいことといったら世にまたとなく。


美しい容姿(の人)。美人。


出典栄花物語 殿上の花見


「かたちを好ませ給(たま)ひて、今もよき若き人ども参り集まりて」


[訳] (女院は)美人をお好みになって、今も美しい若い人たちが(御殿に)参上し集まって。


(人の)姿。ようす。


出典源氏物語 手習


「まことの人のかたちなり」


[訳] (この女は魔物ではなく)正真正銘の人間の姿である。



なり 【形・態】

名詞

物のかたち。かっこう。


出典伊勢物語 九


「その山は…なりは塩尻(しほじり)のやうになむありける」


[訳] その(富士)山は…かっこうは塩尻のようであった。


身なり。服装。


出典落窪物語 一


「なりのいとあしくて」


[訳] 身なりがたいへんひどくて。


ありさま。ようす。状態。


参考

自然に生じたかたちをいう。「すがた」は意識してつくったかたちのことをいう。









形のページへのリンク
「形」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

形のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




形のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS