古語:

たれの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たれ

完了の助動詞「たり」の已然形。


出典更級日記 足柄山


「雪の消ゆる世もなく積もりたれば」


[訳] 雪が消えるときもなく積もっているので。



たれ

完了の助動詞「たり」の命令形。


出典大鏡 兼家


「これしばし持ち給(たま)ひたれ」


[訳] これを少しの間お持ちになっていらっしゃい。



たれ

断定の助動詞「たり」の已然形・命令形。



たれ 【誰】

代名詞

だれ。▽不定称の人称代名詞。


出典徒然草 二五


「桃李(たうり)もの言はねば、たれとともにか昔を語らん」


[訳] 桃や李(すもも)はものを言わないのだから、だれとともに昔を語ろうか、いや、だれとも語れない。◆近世初期からは「だれ」とも。









たれのページへのリンク
「たれ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

たれのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




たれのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS