古語:

たりきの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たり-・き

分類連語


…ていた。…た。


出典源氏物語 夕顔


「はかなきついで作り出(い)でて、消息(せうそこ)など遣はしたりき」


[訳] ちょっとした機会を作り出して、手紙などを(女の所に)送った。


注意

活用語の連用形に付く連語。


なりたち

完了の助動詞「たり」の連用形+過去の助動詞「き」



たり-・き

分類連語


…であった。…だった。


出典平家物語 一・祇園精舎


「六代は諸国の受領(じゆりやう)たりしかども」


[訳] (平家の初期の)六代(の先祖の方々)は諸国の受領(=国司)であったけれども。


注意

体言に付く連語。


なりたち

断定の助動詞「たり」の連用形+過去の助動詞「き」



た-りき 【他力】

名詞

仏・菩薩(ぼさつ)の、人々を救済する力。特に、阿弥陀仏(あみだぶつ)の本願の力。また、その力にたよって成仏すること。◆仏教語。[反対語] 自力(じりき)。









たりきのページへのリンク
「たりき」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

たりきのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




たりきのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS