古語:

たりけむの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たり-・けむ

分類連語


〔「けむ」が過去の事柄を推量する意の場合〕…ていただろう。…たのだろう。


出典平家物語 七・忠度都落


「薩摩守(さつまのかみ)忠度(ただのり)は、いづくよりや帰られたりけん」


[訳] 薩摩守忠度は、どこからお帰りになったのだろうか。


〔「けむ」が連体修飾語となり、過去の事柄の伝聞や、仮定・婉曲(えんきよく)表現などの場合〕…ていたとかいう。…ていたとしたら、その。


出典徒然草 五三


「医師(くすし)のもとにさし入りて向かひゐたりけん有様」


[訳] 医者の家の中に入って、(医者と)対座していたとかいうありさまは。◆「たりけん」とも表記する。


なりたち

完了の助動詞「たり」の連用形+過去推量の助動詞「けむ」








たりけむのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

たりけむのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




たりけむのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS