古語:

たりけりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たり-・けり

分類連語


…た。


出典伊勢物語 六二


「『このありつる人たまへ』と主(あるじ)に言ひければ、おこせたりけり」


[訳] 「あの先ほどの(食事の給仕をしてくれた)女性をよこしてください」と主人に言ったので、(主人は、女性を男の所に)よこした。


…ていた。


出典伊勢物語 九三


「昔、男、身はいやしくて、いと二(に)なき人を思ひかけたりけり」


[訳] 昔、男が、身分は低くて、たいそう比類のない(ほどの身分の高い)女性を恋しく思っていた。


注意

活用語の連用形に付く連語。


なりたち

完了の助動詞「たり」の連用形+過去の助動詞「けり」



たり-・けり

分類連語


…であった。


出典古今著聞集 一三九


「具平(ともひら)親王家の作文(さくもん)の序者たりけるに」


[訳] (橘正通(たちばなのまさみち)が)具平親王家の詩作の(会で)序詩を作る役であったときに。


注意

体言に付く連語。


なりたち

断定の助動詞「たり」の連用形+過去の助動詞「けり」









たりけりのページへのリンク
「たりけり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

たりけりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




たりけりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS