古語:

たんなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たん-・なり

分類連語


〔「なり」が推定の意の場合〕「たなり」に同じ。


出典平家物語 六・小督


「君は、小督(こがう)ゆゑに、思(おぼ)し召し沈ませ給(たま)ひたんなり」


[訳] 天皇は、(愛する)小督の(失踪(しつそう)の)ために、お思い沈みあそばしているようだ。


〔「なり」が伝聞の意の場合〕「たなり」に同じ。


出典平家物語 二・阿古屋之松


「日本は、昔三十三か国にてありけるを、中ごろ六十六か国に分けられたんなり」


[訳] 日本は、昔三十三か国であったのを、そう遠くない昔六十六か国に分けられたそうだ。


なりたち

完了の助動詞「たり」の連体形+推定・伝聞の助動詞「なり」からなる「たるなり」の撥(はつ)音便。「たなり」とも表記される。









たんなりのページへのリンク
「たんなり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

たんなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




たんなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS