古語:

たなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

た-・なり

分類連語


〔「なり」が推定の意の場合〕…ているようだ。


出典土佐日記 一二・二五


「守(かみ)の館(たち)より呼びに文(ふみ)持て来(き)たなり」


[訳] (新任の)国司の官舎から(私を)呼びに手紙を持って来ているようだ。


〔「なり」が伝聞の意の場合〕…ていると聞いている。…たそうだ。


出典源氏物語 若紫


「この寺にありし源氏の君こそ、おはしたなれ」


[訳] ここのお寺にい(らっしゃっ)た源氏の君が、おいでになっているそうだね。


なりたち

完了・存続の助動詞「たり」の連体形+推定・伝聞の助動詞「なり」からなる「たるなり」の、撥(はつ)音便「たんなり」の「ん」が表記されない形。









たなりのページへのリンク
「たなり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

たなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




たなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS