古語:

煩ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わづら・ふ 【煩ふ】

[一]自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


苦しむ。悩む。困惑する。


出典万葉集 八九七


「かにかくに思ひわづらひ音(ね)のみし泣かゆ」


[訳] あれこれと思い悩み、ただもう声に出して泣けてくることだ。


病気になる。病む。


出典枕草子 にくきもの


「にはかにわづらふ人のあるに、験者(げんざ)もとむるに」


[訳] 急に病気になる人がいるときに、(病気を治す)修験者(しゆげんじや)を探し求めるが。


煩わしい思いをする。苦労する。難儀する。手間をかける。


出典源氏物語 橋姫


「川のこなたなれば、舟などもわづらはで」


[訳] 川のこちらがわなので、舟などの手間をかけないで。


[二]補助動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


〔動詞の連用形に付いて〕…するのに困る。…するのに苦労する。…するのに悩む。


出典更級日記 富士川


「勢多(せた)の橋みな崩れて、渡りわづらふ」


[訳] 勢多の橋がみんな崩れ落ちて、渡るのに苦労する。









煩ふのページへのリンク
「煩ふ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

煩ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




煩ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS