古語:

たびにしての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > たびにしての解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たびにして…

分類和歌


「旅にして物恋(こほ)しきに山下の赤(あけ)の赭船(そほぶね)沖へ漕(こ)ぐ見ゆ」


出典万葉集 二七〇・高市黒人(たけちのくろひと)


[訳] 旅にあって何かと恋しい気持ちがしているときに、山の下に停泊していた朱(しゆ)塗りの船が沖へ向かって漕(こ)いで行くのが見える。


鑑賞

船を赤く塗るのは、官船のしるしとも、航海の安全を願っての魔よけのためともいわれる。








たびにしてのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

たびにしてのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




たびにしてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS