古語:

往ぬの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

い・ぬ 【往ぬ・去ぬ】

自動詞ナ行変格活用

{語幹〈い〉}


立ち去る。去る。行ってしまう。


出典伊勢物語 二三


「前栽(せんざい)の中にかくれゐて、河内(かふち)へいぬる顔にて見れば」


[訳] 庭の植え込みの中に隠れて座って、河内へ行ってしまうふりをして(ようすを)見ると。


過ぎ去る。


出典万葉集 三四七〇


「相見ては千年(ちとせ)やいぬる否をかも」


[訳] 会ってから千年も過ぎ去ったであろうか、いや違うであろうか。


死ぬ。亡くなる。▽「死ぬ」の婉曲(えんきよく)的な表現。


出典万葉集 一八〇九


「うち嘆き妹(いも)がいぬれば」


[訳] 運命を嘆きながら、莬原処女(うないおとめ)が死ぬと。








往ぬのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

往ぬのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




往ぬのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS