古語:

思ひ敢ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おもひ-あ・ふ 【思ひ敢ふ】

他動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


〔下に打消の語を伴って〕


思い切る。


出典詞花集 恋下


「忘らるる身はことわりと知りながらおもひあへぬは涙なりけり」


[訳] 忘れられるわが身はもっともだと知りながらも、思い切らないのは涙である(=涙はとまらない)ことよ。


考え及ぶ。思いつく。


出典源氏物語 東屋


「まだおもひあへぬほどなれば、心騒ぎて」


[訳] まだ(訪問されるとは)考え及ばないときなので、あわてて。








思ひ敢ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

思ひ敢ふのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




思ひ敢ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS