古語:

思ひ果つの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おもひ-は・つ 【思ひ果つ】

他動詞タ行下二段活用

活用{て/て/つ/つる/つれ/てよ}


思い込む。思いつめる。


出典蜻蛉日記 中


「恐ろしき物におもひはてにためれば」


[訳] (私を)恐ろしいものと思い込んでしまっているようだから。


思い切る。あきらめる。


出典蜻蛉日記 下


「今は限りにおもひはてにたる身をば」


[訳] 今はもうこれまでと思い切ってしまったわが身を。


愛し通す。最後まで面倒を見る。


出典源氏物語 空蟬


「吾子(あこ)は、らうたけれど、つらきゆかりにこそ、えおもひはつまじけれ」


[訳] おまえはかわいいが、つれない(空蟬(うつせみ)の)縁者だから、愛し通すことはできまい。








思ひ果つのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

思ひ果つのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




思ひ果つのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS