古語:

思ひ準ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おもひ-なずら・ふ 【思ひ準ふ】

他動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


心の中で比べる。


出典源氏物語 若菜下


「人柄も、なべての人におもひなずらふれば」


[訳] 人柄も、普通の人と心の中で比べると。


…と同類であると内心思う。心の中で…とみなす。


出典源氏物語 初音


「世の憂き目見えぬ山路におもひなずらへて」


[訳] この世のつらさのない山路と同類であると内心思って。



おもひ-よそ・ふ 【思ひ寄そふ・思ひ準ふ】

他動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


(他のものに)重ね合わせて考える。なぞらえる。連想する。


出典源氏物語 蜻蛉


「この君ばかりや、恋しき人におもひよそへつべきさましたらむ」


[訳] この方だけは、恋しい人に確かになぞらえられる姿をしているだろうか。








思ひ準ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

思ひ準ふのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




思ひ準ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS