古語:

思ひ遣るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おもひ-や・る 【思ひ遣る】

他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


気を晴らす。心を慰める。


出典万葉集 四〇〇八


「わが背子を見つつしをればおもひやることもありしを」


[訳] あなたにお会いしているので気を晴らすこともあったが。


はるかに思う。


出典伊勢物語 九


「その河のほとりに群れゐておもひやれば」


[訳] その川のほとりに群がり集まってすわって都のことをはるかに思うと。


想像する。推察する。


出典枕草子 雪のいと高うはあらで


「今日の雪をいかにとおもひやり聞こえながら」


[訳] 今日の雪を(あなたは)どうご覧になっているかと推察申し上げながら。


気にかける。気を配る。


出典源氏物語 桐壺


「いはけなき人もいかにとおもひやりつつ」


[訳] 幼い宮もどうなさっているかといつも気にかけて。









思ひ遣るのページへのリンク
「思ひ遣る」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

思ひ遣るのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




思ひ遣るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS