古語:

思ひ遣りの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おもひ-やり 【思ひ遣り】

名詞

先の見通し。洞察。推察。


出典枕草子 職の御曹司におはします頃、西の廂にて


「いとおもひやり深くあらがひたる」


[訳] たいそう推察を深くして争ったものだな。


思慮。分別。


出典源氏物語 若紫


「いとおもひやりなきほど」


[訳] (まだ)たいそう分別のないころ。


思いやり。同情。


出典源氏物語 末摘花


「おもひやり少なう、御心のままならむも」


[訳] 思いやりが少なく、お心のまま(=わがまま)であるのも。


注意

現代語ではの意味だけである。









思ひ遣りのページへのリンク
「思ひ遣り」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

思ひ遣りのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




思ひ遣りのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS