古語:

恋忘れ草の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こひわすれ-ぐさ 【恋忘れ草】

名詞

恋の苦しさを忘れさせる力があるという草。


出典古今集 墨滅歌


「道知らば摘みにも行かむ住吉(すみよし)の岸に生ふてふこひわすれぐさ」


[訳] 道がわかりさえすれば、摘みにだって行こう。住吉の岸に生えているという恋を忘れさせる草を。⇒わすれぐさ


参考

和歌で、「忘れ草」の「忘れ」を、恋の苦しみを忘れる意にかけて用いる語。なお、野草の萱草(かんぞう)の雅名という。








恋忘れ草のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

恋忘れ草のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




恋忘れ草のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS