古語:

悍ましの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おずま・し 【悍まし】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


「おぞし


」に同じ。


出典源氏物語 東屋


「かの乳母(めのと)こそおずましかりけれ」


[訳] あの乳母は気が強かったということだ。



おぞま・し 【悍まし】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


「おぞし


」に同じ。


出典源氏物語 帚木


「かく、おぞましくは、いみじき契り深くとも、絶えてまた見じ」


[訳] このように(女が)勝ち気で強情では、どんなに夫婦の縁が深くても、もうこれからは二度と会うまい。








悍ましのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

悍ましのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




悍ましのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS