古語:

憚るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はばか・る 【憚る】

[一]自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


行き悩む。進めないでいる。行けないでいる。


出典万葉集 三一七


「白雲もい行きはばかり」


[訳] ⇒あめつちの…。


はびこる。満ちふさがる。いっぱいになる。


出典平家物語 五・物怪之沙汰


「ひと間(ま)にはばかるほどの物の面(おもて)出(い)できて」


[訳] 一部屋に満ちふさがるほどの何かの顔が出てきて。


[二]他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


遠慮する。気がねする。嫌がる。


出典発心集 六


「かつは恐れ、かつははばかりて、まかり過ぎはべるなり」


[訳] 一方では恐れ、一方では遠慮して、経過してきております。









憚るのページへのリンク
「憚る」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

憚るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




憚るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS