古語:

憧るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あくが・る 【憧る】

自動詞ラ行下二段活用

{語幹〈あくが〉}


心が体から離れてさまよう。うわの空になる。


出典源氏物語 葵


「物思ふ人の魂は、げに、あくがるる物になむありける」


[訳] 思い悩む人の魂は、なるほど、体から離れてさまようものであったのだなあ。


どこともなく出歩く。さまよう。


出典源氏物語 夕顔


「いさよふ月に、ゆくりなくあくがれむことを、女は思ひやすらひ」


[訳] 沈むのをためらいがちな月に(さそわれて)、不意にどこともなく出歩くようなことを、女はためらい。


心が離れる。疎遠になる。


出典源氏物語 真木柱


「御仲もあくがれて、程経(へ)にけれど」


[訳] ご夫婦の仲も疎遠になって、月日がたってしまったけれど。


注意

現代語「あこがれる」のもとになった語だが、現代語と同じ意味には用いない。



あこが・る 【憧る】

自動詞ラ行下二段活用

「あくがる」に同じ。








憧るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

憧るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




憧るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2018 Printed in Japan

©2018 Weblio RSS