古語:

戯ればむの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あざれ-ば・む 【戯ればむ】

自動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


ふざけた態度を見せる。好色な振る舞いをする。


出典源氏物語 夕霧


「わがいにしへすこしあざればみ、あだなる名を取り給(たま)ひし面(おもて)起こしに」


[訳] 自分がむかしすこしふざけた態度を見せ、浮気だという評判をお取りになった名誉回復に。◆「ばむ」は接尾語。



され-ば・む 【戯ればむ】

自動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


あか抜けした風である。風流めく。しゃれている。「ざればむ」とも。


出典源氏物語 東屋


「三条わたりに、さればみたるが、まだ造りさしたる所なれば」


[訳] 三条あたりで、風流めいている家の、まだ造りかけたままの所なので。◆「ばむ」は接尾語。








戯ればむのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

戯ればむのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




戯ればむのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS