古語:

手薬煉引くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 手薬煉引くの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

てぐすね-ひ・く 【手薬煉引く】

分類連語


矢を射る用意をして弓を持つ。


出典保元物語 中


「てぐすねひき、そぞろ引いてぞ向かひたる」


[訳] 矢を射る用意をして弓を持ち、むやみに引いて(敵に)向かっている。


準備を整えて待つ。◆手に「薬煉(くすね)」を引く意。「薬煉」は松脂(まつやに)を油で煮て練り混ぜたもので、弓の弦を強くするために用いる。








手薬煉引くのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

手薬煉引くのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




手薬煉引くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS