古語:

打ち被くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うち-かづ・く 【打ち被く】

[一]他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


かぶる。頭の上にのせる。(たまわった衣服などを)肩にかける。


出典枕草子 にくきもの


「伊予簾(いよす)などかけたるに、うちかづきて」


[訳] 伊予の国(愛媛県)産の粗末な簾(すだれ)などが掛けてあるのを、(くぐるときにそれを)頭にかぶって。◆「うち」は接頭語。


[二]他動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


(褒美として衣服などを)人の肩にかけて与える。


出典源氏物語 竹河


「侍従は、あるじの君にうちかづけて往(い)ぬ」


[訳] 侍従の君(=薫(かおる))は、(着物をこの家の)主人である方(=藤侍従(とうじじゆう))の肩にかけて与えて帰る。◆「うち」は接頭語。








打ち被くのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

打ち被くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




打ち被くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS