古語:

打ち聞きの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うち-ぎき 【打ち聞き】

名詞

ちょっと聞くこと。また、その言葉や話。


出典源氏物語 常夏


「深き筋思ひ得ぬほどのうちぎきには」


[訳] 深い内容まではわからない程度のちょっと聞く話では。


聞いたままのことを書き記しておくこと。また、そのもの。特に、聞いた歌を書きとめたもの。


出典枕草子 うれしきもの


「人と言ひ交はしたる歌の聞こえてうちぎきなどに書き入れらるる」


[訳] 他の人とやりとりした歌が評判になって打ち聞きなどに書き入れられるの(はうれしい)。








打ち聞きのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

打ち聞きのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




打ち聞きのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS