古語:

捨身の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しゃ-しん 【捨身】

名詞

世俗の生活を捨てて仏門に入ること。出家。


出典奥の細道 飯坂


「しゃしん無常の観念、道路に死なん、これ天の命(めい)なり」


[訳] 出家をし、人生のはかなさを覚悟しているので、旅の途中で死ぬであろうことも天の意志である。


自分で自分の生命を絶つこと。死ぬこと。


参考

「捨身」とは、他の生き物を救うため、または仏に供養するために、自分の身を投げ出して布施(ふせ)することで、最上の布施とされる。仏教語。








捨身のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

捨身のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




捨身のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS