古語:

捻るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ひね・る 【捻る・拈る・撚る】

[一]他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


つまむ。ひねる。


出典落窪物語 二


「錠(ぢやう)ひねり見給(たま)ふに」


[訳] 錠をひねってご覧になるが。


よじる。


出典枕草子 松の木立高き所の


「外様(とざま)にひねり向きて」


[訳] 外向きに(身体を)よじって。


苦心して作り出す。


出典土佐日記 二・七


「からくして、あやしき歌ひねり出(い)だせり」


[訳] やっとのことで、変な和歌を苦心して作り出した。


[二]自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


一風変わった趣を出す。


出典浮世風呂 滑稽


「ぐっとひねって俗物なる跋(ばつ)」


[訳] いちだんと変わった趣を出して通俗的なあとがき。◇「ひねっ」は促音便。








捻るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

捻るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




捻るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS