古語:

搔き紛るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かき-まぎ・る 【搔き紛る】

自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


まぎれて目立たなくなる。区別がつかなくなる。平凡である。


出典源氏物語 若菜上


「ともかくもかきまぎれたるきはの人こそ」


[訳] どうあろうとまぎれて目立たないでいる身分の人は。◆「かき」接頭語。








搔き紛るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

搔き紛るのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




搔き紛るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2022 Printed in Japan

©2022 GRAS Group, Inc.RSS