古語:

搔き鳴らすの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 搔き鳴らすの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かき-なら・す 【搔き鳴らす】

他動詞サ行四段活用

活用{さ/し/す/す/せ/せ}


弦楽器をかき鳴らす。弾き鳴らす。


出典源氏物語 須磨


「琴(きん)を少しかきならし給(たま)へるが、我ながらいとすごう聞こゆれば」


[訳] 琴を少し弾き鳴らしていらっしゃったのが、我ながらたいそうものさびしく聞こえるので。









搔き鳴らすのページへのリンク
「搔き鳴らす」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

搔き鳴らすのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




搔き鳴らすのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS