古語:

斎くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いつ・く 【斎く】

いつ・く


[一]

【斎く】


自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


けがれを除き、身を清めて神に仕える。大切に祭る。大切に祭っている。


出典万葉集 四二四一


「春日野(かすがの)にいつく御諸(みもろ)の」


[訳] 春日野に大切に祭っている神社の。


[二]

【傅く】


他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


神に対するように大切に世話をし育てる。かしずく。


出典源氏物語 若紫


「故大納言、内裏(うち)に奉らむと、かしこういつき侍(はべ)りしを」


[訳] 亡き大納言が、(娘を)宮中に差し上げようと、大変大切に世話をし育てましたが。








斎くのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

斎くのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




斎くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS