古語:

来と来の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

き-と-・く 【来と来】

分類連語


遠くからはるばるやって来る。


出典土佐日記 二・七


「きときては川上り路(ぢ)の水を浅み」


[訳] ここまではるばるやって来たものの川を上っていく水路の水が浅いので。


次々と来る。


出典和泉式部集 


「春ごとの花の盛りはわが宿にきとくる人の長居せぬなし」


[訳] 春ごとに来る花の盛りのときには、わが家に次々と来る人で長居をしない人はいない。


参考

カ変動詞「く(来)」を格助詞「と」を中心に重ねて強調した用法。








来と来のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

来と来のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




来と来のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS