古語:

東雲の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しののめ 【東雲】

名詞

明け方。あけぼの。夜明けのほのかに明るくなるころ。


出典古今集 恋三


「しののめの別れを惜をしみ我(われ)ぞまづ鳥よりさきになきはじめつる」


[訳] 明け方の後朝(きぬぎぬ)の別れが惜しいので、私のほうが先に鶏よりも前に泣きはじめたことであるよ。


参考

「しののめ」は「篠(しの)の目」で、昔、住居の明かり取りに用いた篠竹の編み物の編み目をさし、そこから「夜明けの薄明かり」の意を生じ、さらに夜明け方の意に変化したという。








東雲のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

東雲のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




東雲のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS