古語:

枕くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ま・く 【枕く】

他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


枕(まくら)とする。枕にして寝る。


出典万葉集 二二三


「鴨山(かもやま)の磐根(いはね)しまける我をかも知らにと妹(いも)が待ちつつあらむ」


[訳] 鴨山の岩を枕にして倒れている私のことを、そうとは知らずに妻が待ち続けていることであろうか。


共寝する。結婚する。


出典日本書紀 神武


「七行(ななゆ)く媛女(をとめ)ども誰(たれ)をしまかむ」


[訳] 七人で通って行く娘たち、その中のだれと共寝しよう。◆は「婚く」とも書く。のちに「まぐ」とも。上代語。








枕くのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

枕くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




枕くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS