古語:

枕定むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まくら-さだ・む 【枕定む】

分類連語


寝るとき、頭の方向を決める。▽その方向により、期待する夢を見ることができるという。


出典古今集 恋一


「宵々にまくらさだめむ方もなしいかに寝し夜か夢に見えけむ」


[訳] 毎晩毎晩寝るとき、頭の方向を決めよう方法もない。どの方角に頭を向けて寝た夜に、(恋人を)夢に見たのだっただろうか。


ゆっくりと寝る。


遊里(ゆうり)で共寝をする相手の女性を決める。








枕定むのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

枕定むのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




枕定むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS