古語:

案山子の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かがし 【案山子】

名詞

かかし。田畑の作物を鳥獣の害から守るために立てる人形。そほづ。[季語] 秋。


参考

鳥獣の嫌う悪臭を発するものを立てた「鹿驚(かがし)」が人形にかわったもので、本来は田の神をかたどったもの。



そほ-づ 【案山子】

名詞

かかし。「そほど」とも。


出典古今集 雑体


「あしひきの(=枕詞(まくらことば))山田のそほづおのれさへ」


[訳] 山田のかかしよ、おまえまでが。



そほど 【案山子】

名詞

「そほづ」に同じ。








案山子のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

案山子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




案山子のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS