古語:

案内の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あ-ない 【案内】

[一]名詞

文書の内容。草案。


出典紫式部日記 寛弘五・一〇・一六


「頭(とう)の弁してあない奏せさせ給(たま)ふめり」


[訳] 頭の弁に命じて(加階の)草案を天皇に申し上げさせなさるようだ。


ようす。事情。内情。


出典大鏡 花山


「かくとあない申して、必ず参り侍(はべ)らむ」


[訳] (父に)これこれと(出家する)事情を申し上げて、きっと戻って参りましょう。


[二]名詞※「す」が付いて他動詞(サ行変格活用)になる

(事情や意向を)問いただすこと。調べること。


出典源氏物語 東屋


「ようもあないせで、浮かびたることを伝へける」


[訳] よく内情を調べもしないで、いいかげんな縁談をもってきたことよ。


取り次ぎを請うこと。


出典徒然草 三二


「おぼしいづる所ありて、あないせさせて入りたまひぬ」


[訳] 思い出しなさるところがあって、(従者に)取り次ぎを請わせてから(その家に)お入りになった。



あん-ない 【案内】

名詞※「す」が付いて他動詞(サ行変格活用)になる

「あない」に同じ。









案内のページへのリンク
「案内」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

案内のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




案内のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS