古語:

楽しむの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たのし・む 【楽しむ】

[一]自動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


心が満ち足りて楽しく思う。


出典方丈記 


「深くよろこぶ事あれども、大きにたのしむにあたはず」


[訳] 深く喜ぶことがあっても、大いに楽しむことはできない。


物が豊富で裕福になる。富む。


出典平家物語 一・祇王


「たのしみ栄えて何かせん」


[訳] 裕福になり栄えてどうしようというのか。


[二]他動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


楽しく感じる。楽しむ。


出典徒然草 九三


「人皆生(しやう)をたのしまざるは、死を恐れざる故(ゆゑ)なり」


[訳] 人が皆生を楽しまないのは、死を恐れないからである。









楽しむのページへのリンク
「楽しむ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

楽しむのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




楽しむのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS