古語:

比ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くら・ぶ 【比ぶ・較ぶ・競ぶ】

他動詞バ行下二段活用

活用{べ/べ/ぶ/ぶる/ぶれ/べよ}


比べる。比較する。


出典拾遺集 恋二


「逢(あ)ひ見ての後(のち)の心にくらぶれば」


[訳] ⇒あひみての…。


(優劣を)競(きそ)う。争う。


出典宇津保物語 祭の使


「一番に式部卿(しきぶきやう)の宮、右の大臣(おとど)くらべ給(たま)ひ、大臣勝ち給ふ」


[訳] 最初に式部卿の宮と右大臣とが競いなさり、右大臣がお勝ちになる。


(互いに)心を通わせ合う。つき合って親しくする。


出典土佐日記 一二・二一


「年ごろ、よくくらべつる人々なむ別れがたく思ひて」


[訳] 長年の間、よくつき合って親しくしていた人々は別れにくいことだと思って。








比ぶのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

比ぶのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




比ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS