古語:

水鏡の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

みづ-かがみ 【水鏡】

名詞

姿が映って見える、静かな水面。



水鏡

分類書名


歴史物語。中山(藤原(ふじわらの))忠親(ただちか)作。平安時代末期か鎌倉時代初期の成立。三巻。〔内容〕神武天皇から仁明(にんみよう)天皇までの五十四代、千五百余年を編年体で記す。『大鏡』の前の時代を補ったものであるが、歴史的・文学的価値は『大鏡』に劣る。









水鏡のページへのリンク
「水鏡」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

水鏡のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




水鏡のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS