古語:

沓冠の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

沓冠

分類文芸


和歌用語。折り句の一種。十文字の語句を各句の初め(冠)と終わり(沓)に一字ずつ詠(よ)みこむ技法。例えば「米(よね)たまへ、銭(ぜに)もほし」を詠みこんだ、兼好法師の「よも涼しねざめのかりほたまくらもま袖(そで)も秋にへだてなきかぜ」など。


俳諧(はいかい)用語。江戸時代の「雑俳(ざつぱい)」で、五七五の中七字を題に、上下の五字ずつをつけさせて完成句にするもの。「くつかうぶり」「くつかむり」とも。









沓冠のページへのリンク
「沓冠」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

沓冠のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




沓冠のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS