古語:

況いての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まい-て 【況いて】

副詞

「まして」に同じ。


出典蜻蛉日記 上


「留(とど)まる人、はたまいて言ふかたなく悲しきに」


[訳] あとに残る人は、それどころかさらにいいようもない悲しみに沈んでいるので。


「まして」に同じ。


出典枕草子 春はあけぼの


「まいて、雁(かり)などの連ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし」


[訳] いうまでもなく、雁などが連なって(飛んで)いるのが、とても小さく見えるのは、とても趣がある。◆「まして」のイ音便。








況いてのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

況いてのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




況いてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS