古語:

渡らせ給ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 渡らせ給ふの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わたら-せ-たま・ふ 【渡らせ給ふ】

分類連語


お渡りになる。お移りになる。いらっしゃる。▽「渡る」「行く」「来(く)」の尊敬語。


出典源氏物語 桐壺


「弘徽殿(こきでん)などにもわたらせたまふ御供(とも)には」


[訳] 弘徽殿などにいらっしゃるお供にも。


おありになる。いらっしゃる。▽「あり」の尊敬語。


出典平家物語 四・厳島御幸


「主上ことなる御つつがもわたらせたまはぬを」


[訳] 天皇には特にこれというご病気もおありにならないのに。


〔補助動詞的に〕…(で)いらっしゃる。▽「あり」の尊敬語。


出典平家物語 八・猫間


「公卿(くぎやう)でわたらせたまふ」


[訳] 公卿でいらっしゃる。◆は中世以降の用法。


なりたち

動詞「わたる」の未然形+尊敬の助動詞「す」の連用形+補助動詞「たまふ」








渡らせ給ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

渡らせ給ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




渡らせ給ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS