古語:

点ずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

てん-・ず 【点ず】

他動詞サ行変格活用

活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}


点を打つ。点を打ったように連ねる。


(漢文に)訓点を付ける。


出典今鏡 昔語


「書(ふみ)もてんじしたためて」


[訳] 文章も訓点を付けて書いて。


指定する。選定する。


出典栄花物語 疑ひ


「木幡(こはた)といふ所は…その大臣(おとど)のてんじ置かせ給(たま)へりし所なり」


[訳] 木幡という所は…その大臣があらかじめ指定しておられたところである。


くわしく点検する。調べる。


出典太平記 一四


「宇多津において兵船(ひやうせん)をてんじ」


[訳] 宇多津で軍船をくわしく点検し。








点ずのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

点ずのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




点ずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS