古語:

然る間の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さる-あひだ 【然る間】

[一]

分類連語


そうしているうち。


出典伊勢物語 四〇


「さるあひだに、思ひはいやまさりにまさる」


[訳] そうしているうちに、(男の)思いはいよいよつのっていく。


なりたち

連体詞「さる」+名詞「あひだ」


[二]接続詞

そこで。さて。


出典隅田川 謡曲


「さるあひだこの辺の人々、この人の姿を見候ふに」


[訳] さてこのあたりの人々がこの(幼い)子の姿を見ますと。



しかる-あひだ 【然る間】

接続詞

そうしているうちに。そのうちに。


出典今昔物語集 二六・一七


「しかるあひだ、向かひなる屋(や)の軒(のき)に、狐(きつね)さし臨(のぞ)きて居たるを、利仁(としひと)見付けて」


[訳] そのうちに、向かいの家の軒に、きつねがのぞいてすわっているのを、利仁が見つけて。


それだから。それゆえ。


出典平家物語 三・足摺


「中宮御産(ごさん)の御祈りによって、非常の赦(しや)行はる。しかるあひだ、鬼界の島の流人(るにん)、少将成経(なりつね)、康頼(やすより)法師、赦免」


[訳] 中宮の御出産の御祈りのために、特別の恩赦が行われる。それゆえ、鬼界が島の流人少将成経、康頼法師は赦免。◆ラ変動詞「しかり」の連体形に名詞「あひだ」が付いて一語化したもの。








然る間のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

然る間のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




然る間のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS