古語:

然ればこその意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 然ればこその解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

されば-こそ 【然ればこそ】

分類連語


案のじょう。思ったとおり。やっぱり。


出典竹取物語 火鼠の皮衣


「さればこそ、異物(こともの)の皮なりけり」


[訳] 思ったとおり、別の物の皮だったよ。


それだから。だからこそ。▽相手の言葉に応答していう。


出典平家物語 五・月見


「さればこそ、汝(なんぢ)をば遣はしつれ」


[訳] それだから、おまえをつかわしたのだ。◆「こそ」は係助詞。








然ればこそのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

然ればこそのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




然ればこそのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS