古語:

然れどもの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

され-ども 【然れども】

接続詞

「されど」に同じ。


出典徒然草 八五


「人の心すなほならねば、偽(いつは)りなきにしもあらず。されどもおのづから正直の人などかなからん」


[訳] 人間の心は正直でないので、必ずしも偽りがないわけではない。しかしまれに正直な人がどうしていないはずがあろうか。◆ラ変動詞「さり」の已然形に接続助詞「ども」が付いて一語化したもの。



しかれ-ども 【然れども】

接続詞

そうではあるが。しかしながら。


出典土佐日記 二・四


「『風雲(かぜくも)の気色(けしき)はなはだ悪(あ)し』と言ひて、船出(い)ださずなりぬ。しかれども、ひねもすに波風立たず」


[訳] 「風や雲のようすが悪い」と言って、船を出さないでしまった。しかしながら、一日じゅう波風は立たない。◆ラ変動詞「しかり」の已然形に接続助詞「ども」が付いて一語化したもの。








然れどものページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

然れどものお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




然れどものページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS