古語:

熨斗目の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

のし-め 【熨斗目】

名詞

練り糸を縦糸に、生糸を横糸にして織った地が堅くて平らな絹布。また、その布で作った衣服。無地で袖(そで)の下と腰のあたりに、縞(しま)を織り出したもの。江戸時代、武士が礼服として麻の裃(かみしも)の下に着用した。








熨斗目のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

熨斗目のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




熨斗目のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2021 Printed in Japan

©2021 Weblio RSS