古語:

目合ひの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ま-ぐはひ 【目合ひ】

名詞

男と女が互いに目と目を見合わせて、愛情を通わせること。


出典古事記 神代


「須勢理毘売(すせりびめ)出(い)で見て、まぐはひして、相婚(あ)ひ給(たま)ひて」


[訳] 須勢理毘売は出て見て、目と目を見合わせることをして、結婚なさって。


結婚。男女の関係を結ぶこと。性交。


出典古事記 神代


「吾(あれ)汝(いまし)にまぐはひせむと思ふはいかに」


[訳] 私はお前と結婚しようと思うがどうだろうか。◆上代語。








目合ひのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

目合ひのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




目合ひのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS