古語:

神さぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かみ-さ・ぶ 【神さぶ】

自動詞バ行上二段活用

活用{び/び/ぶ/ぶる/ぶれ/びよ}


神々(こうごう)しくなる。荘厳に見える。


出典万葉集 四三八〇


「かみさぶる生駒高嶺(いこまたかね)に雲そたなびく」


[訳] 神々しい生駒の高い峰に雲がたなびいている。


古めかしくなる。古びる。


出典古今集 雑体


「石(いそ)のかみ(=枕詞(まくらことば))古(ふ)りにし恋のかみさびてたたるに我は寝(い)ぞ寝(ね)かねつる」


[訳] 昔の恋が古びて祟(たた)りをするので、わたしは寝ることもできない。


年を取る。


出典源氏物語 少女


「をとめごもかみさびぬらむ」


[訳] 少女であったお前も年を取ってしまっているであろう。◆「さぶ」は接尾語。古くは「かむさぶ」。



かむ-さ・ぶ 【神さぶ】

自動詞バ行上二段活用

「かみさぶ」に同じ。



かん-さ・ぶ 【神さぶ】

自動詞バ行上二段活用

「かみさぶ」に同じ。◆古くは「かむさぶ」と表記。









神さぶのページへのリンク
「神さぶ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

神さぶのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




神さぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS