古語:

約まやかなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 約まやかなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つづま-やか・なり 【約まやかなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


手短だ。簡略だ。


出典筑波問答 


「それは長歌の心をうけて、しかもつづまやかにする事なり」


[訳] それ(=反歌)は、長歌の心を受けて、そのうえ簡略にすることである。


倹約している。質素だ。簡素だ。


出典徒然草 一八


「人は己をつづまやかにし、奢(おご)りを退けて」


[訳] 人は自分を質素にし、ぜいたくを遠ざけて。◆「やか」は接尾語。








約まやかなりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

約まやかなりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




約まやかなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS