古語:

繊弱なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ひはづ・なり 【繊弱なり・怯弱なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


か細くて弱々しいようすだ。ひよわだ。「ひはやかなり」とも。


出典源氏物語 真木柱


「常の御悩みにやせ衰へ、ひはづにて」


[訳] 日ごろのご病気のためにやせ衰え、か細く弱々しいようすであって。



ひは-やか・なり 【繊弱なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


「ひはづなり」に同じ。


出典栄花物語 本の雫


「東宮もいみじうひはやかに、うつくしうおはします」


[訳] 東宮も非常にひ弱で、かわいらしくていらっしゃる。◆「やか」は接尾語。








繊弱なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

繊弱なりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




繊弱なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS