古語:

羽打ち交はすの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 羽打ち交はすの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はね-うち-かは・す 【羽打ち交はす・羽根打ち交はす】

分類連語


鳥が互いの翼を重ね合わせるように寄り添う。また、男女間の愛情が深いことをたとえていう。「羽を交はす」「羽を並ぶ」とも。


出典古今集 秋上


「白雲にはねうちかはし飛ぶ雁(かり)の」


[訳] ⇒しらくもに…。


参考

男女間の深い愛情のたとえとするのは、白居易の詩『長恨歌(ちようごんか)』の一句「天に在(あ)りては願はくは比翼の鳥となり」による。⇒ひよくのとり








羽打ち交はすのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

羽打ち交はすのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




羽打ち交はすのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS